2005年12月11日

灼眼のシャナ 第8話 『麗しのゴブレット』

予約の時間が15分ずれ orz  
なので簡単に

よくわかんないので、原作とは別物として捉えます

マージョリー・マルコシアスとの決着
マルコシアスの顕現がカコイイ

マージョリーとマルコとの繋がりがいい感じだったなー

マージョリーを倒すが、トドメは刺さないシャナ
ラミーから銀を追うなと云われ、これからどうしていいか分からないマージョリー

居場所がないと感じるが、ビルの下では佐藤たちが見守っていた。

シャナと悠二は飛んだり、くっついたりw
炎髪灼眼と火除けの指輪とのコンビネーションがうまいなぁ
フルに能力が使えないってのがイイね


て、次回予告おもしれーwwww

言ってることと言葉のテンションが違いすぎるwww

さらに吉田さんがエラい事に

な、なんだあの質量は?!
posted by ひで at 16:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

灼眼のシャナ 第6話 『交錯・発動・対決』

リアルタイムにて―――

あと15分でシャナかー。久しぶりにリアルタイムでみてみよっかなー

ん・・・? あれ? なんか電撃のCMやってる

え・・・?

うぎゃー 15分間違えた―――!!!

orz


そんなこんなでBパートのみの紹介となります・・・

あーあ、なんか最近抜けてるなぁ・・・


シャナ 100.jpgシャナ 101.jpgシャナ 102.jpg

佐藤の家を根城にすることにしたマージョリー
街に自在式を張り巡らせ、ラミーが逃げ出さないように網を張る


シャナ 103.jpgシャナ 104.jpgシャナ 105.jpg
シャナ 106.jpgシャナ 107.jpg

フリアグネに捕らえられた悠二
どうやらシャナといたところを、連れ去られたらしい
その際に一戦あり、シャナは爆発を受けてフリアグネを取り逃した
悠二をオトリにシャナをおびき寄せようとするフリアグネ

普通これは逆だよねw 悠二くん、助けられる役w


そこに現れるシャナ
悠二を気遣う視線を見せるが、すぐに目線を外しフリアグネに対峙する
フリアグネは直線的に切りかかるシャナをベルの宝具”ダンスパーティ”で一方的に攻撃する

ん?宝具については説明なし?


シャナ 108.jpgシャナ 109.jpgシャナ 110.jpg
シャナ 111.jpgシャナ 112.jpg

劣勢を強いられるシャナをみて、ラミーの言葉を思い出す悠二
自分にもなにかできることがあるはずだと、必死にシャナへアドバイスを叫ぶ
その声に咄嗟に反応する 自分が悠二の声で動けていることに納得がいかないながらもいつもより体が動くことに驚く
さらに、炎の威力も上がってくる


シャナ 113.jpgシャナ 114.jpgシャナ 115.jpg

マリアンヌはフリアグネを止めるが、フリアグネはその声をきかない そして都喰らいを発動させるためにベルを鳴らす
その異常に気付いたマージョリーとマルコシアスはフリアグネの元に行く

マリアンヌは目的の為に壊れてしまったフリアグネの胸を離れ、シャナに一人で対峙する
自爆して、シャナに爆撃を与えて死んでしまう
だが、壊れたフリアグネは、なおもマリアンヌを抱くように呟き続ける


シャナ 116.jpgシャナ 117.jpgシャナ 118.jpg
シャナ 119.jpgシャナ 120.jpg

悠二はフリアグネが都喰らいを始めていることに気付く
シャナに”トリガーハッピー”を向け、打ち抜こうとするフリアグネ

シャナの元に駆け寄る悠二だが、シャナに近づくなといわれ、さらにトリガーハッピーのための力にされてしまう

起き上がらないシャナに銃口を向け、引き金を引こうとするが、悠二の声で目覚めたシャナが投げたガラスの破片で左指を切り落とされる

それでも諦めないフリアグネは右手で撃とうとするが、そこに現れたマージョリーの手により銃を落とされる

さらに壊れたフリアグネはシャナに仕掛ける
が、シャナはあっさりとフリアグネを斬り付ける


シャナ 121.jpgシャナ 122.jpgシャナ 123.jpg
シャナ 124.jpgシャナ 125.jpg

悠二はフリアグネに存在の力を奪われたせいで消えかかる
諦めて潔く消え去ろうとする悠二だが、ミステスである悠二の中にある宝具”零時迷子”の力により12時になった瞬間に存在の力が元に戻る

そこにマージョリーが現れる
シャナはマージョリーに挑戦的な言葉を告げる




ん――――・・・

どうだろう。 かなり原作から離れた話になってしまったなぁ・・・。
フリアグネの持っていた”ダンスパーティ”と”トリガーハッピー”の説明がないこととか勿体無い気がするんだよなぁ。
あと、フリアグネ編のラストで得られる”悠二の信頼”がこれでいいのかってのも・・・
そもそも、マージョリーがこの回で出てきて、シャナと悠二を助ける時点で駄目なんじゃないか?

さすがに原作のままではこなせないのは分かるんですが、もうちょっとやりようがあったんじゃないかなー、と
平井さん関連はいい方向に変えていったので安心していたのですが、今回はちょっと残念

まぁとりあえずこれで一区切りできたので持ち直してくれることを祈ります
posted by ひで at 18:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

灼眼のシャナ 第5話 『それぞれの想い』

シャナ 77.jpgシャナ 78.jpgシャナ 79.jpg
シャナ 80.jpg

いつもの屋根の上にいないシャナを探す悠二
庭のほうから物音が。 見てみると傷ついて倒れたシャナが横たわっていた。
近寄る悠二だが、シャナからは拒絶の言葉が
「お前の所為だ・・・」

それでも怪我をしているシャナを気遣い、家の中に入れようと手を貸すが叩き落される

シャナ 81.jpgシャナ 82.jpg


町の様子を玻璃壇で監視するフリアグネたち
町に居る無数のトーチが次々と消えていく
フレイムヘイズの仕業ではないと読む。そしてそれが誰であっても邪魔はさせない。

トーチを消しているのはラミーな訳ですが、やっぱり絡ませる訳ですね・・・
両方ともうまく処理できればいいんですが。


シャナ 83.jpgシャナ 84.jpgシャナ 85.jpg
シャナ 86.jpgシャナ 87.jpg

次の日、学校に向かう悠二だがその傍にはシャナは居ない
学校の下駄箱では吉田さんが悠二を待っていた

そこに登場メガネマン池
吉田さんの手に握られている2枚のチケットを発見、きゅぴーんとメガネを光らせるw
そして、問題の悠二が登校してくる
気を利かせて適当なでっちあげを言って吉田さんが悠二を誘いやすいようにする
話が二人に移ったら自分はスッと下がる。 うーむ、出来た人間だ


シャナ 88.jpgシャナ 89.jpg

佐藤と田中は登校するが、時間に間に合わない
「あ〜 もう授業始まってんな。面倒だ、サボっちまうか」

なんて思い切りのよさだw あっさりすぎるだろw

道の向こうからはなんだか人相の悪い人たちが

路地裏を歩くマージョリー達
土地勘のある人間の案内役を探す
そこに走ってきた佐藤たち
「こいつらでいいか」とこちらもあっさり決定w
佐藤たちを追ってきた男らを一瞥の元に殴り倒す

佐藤は余計なお世話だと立ち去ろうとするが、田中は
「姐さんと呼ばせてもらっていいですか?」


シャナ 90.jpgシャナ 91.jpg

学校でシャナを心配する悠二
そこに放課後の話を持ち込んでくる池と吉田さん
流れで吉田さんと美術展にいくことにする

屋上ではシャナが不機嫌なままメロンパンを食べていた

町を歩き回るマージョリーと佐藤たち
最近の事件などを説明する佐藤だが、敬語を使わないと睨まれるw


シャナ 92.jpgシャナ 93.jpg
シャナ 94.jpgシャナ 96.jpg

屋上から悠二たちを見下ろすシャナ
アラストールは「理解はしているな?弔詞の詠み手に負けた訳を」とシャナに言う

街中を調査するマージョリー
不意に”狩人”フリアグネの気配を察知し、討滅に向かう

シャナもフリアグネの気配を察知する
向かおうとするシャナをアラストールが止める
今のお前では危険だ お前には他にやるべきことがある
そう云われ唇を噛むしかないシャナ


シャナ 97.jpgシャナ 98.jpgシャナ 99.jpg

悠二と吉田さんは美術展に
そこでラミーを見つける悠二 警戒するが、ラミーは危害を加えないという
ラミーは少しずつトーチを摘み、自分の自在法を発動するために生きているのだと告げる

フリアグネと対峙するマージョリー
圧倒的な火力を見せ付けるが、火除けの指輪で完全に封じられる
そのままフリアグネには逃げられ、イライラする
その勢いを酒にぶつけるw


吉田さんはせっかく誘った悠二が見知らぬ老人とばかり話をしていることにむくれるw
悠二に街の危機を教えるラミー フリアグネが都喰らいを行うことを告げる
そしてトーチである悠二を覚えていてくれる唯一の存在のシャナ
そのシャナが覚えていてくれるのが”今の自分”でいいのかと悠二を叱咤する


本格的に小説版との違いがでてきたアニメですが、これからどのように収拾をつけるのか
マージョリーとフリアグネが敵対してしまったので、シャナと悠二の力でフリアグネを突破するという、ある意味”試練”がきちんと処理できるのかが問題ですねー

そもそも悠二とシャナの絆が出来上がる前にラミーにあってしまったので、少し物足りなさが。それもひっくり返すようなしっかりしたシナリオになって欲しいですね。
posted by ひで at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

灼眼のシャナ 第4話 『惑いのフレイムヘイズ』

シャナ 52.jpgシャナ 53.jpgシャナ 54.jpg

悠二の光が復活したことを考えるシャナとアラストール
アラストールは悠二の中にある宝具”零時迷子”の所為ではないかと考える

あれ、零時迷子のこと早いんじゃない?
もうちょっと引っ張ったような


雨が降ってきたので中にはいるように勧める悠二

部屋に入ってベッドのスプリング具合で遊ぶシャナw

シャナにベッドを勧め、自分は父の書斎で寝るという悠二
シャナは悠二を見張るために中に入ったのに別の部屋では意味がないという

突然着替えをしだすシャナにうろたえる悠二
「どっかに潜ってて! 覗いたらぶっ飛ばすわよ!」

急いでクローゼットの中にはいる悠二
でも意外だな、やっぱり恥ずかしいと思うんだ・・・

それに目覚まし時計を投げつける


シャナ 55.jpgシャナ 56.jpgシャナ 57.jpg

ちょwwwおまwww
普通に着替えキターwwww


なんかアラストールが紅世の徒のこと説明してるけど、頭に入ってこねーwww


シャナ 58.jpgシャナ 59.jpgシャナ 60.jpg

なんかモゾモゾしてる悠二w どうやらクローゼットの中が狭いようでとうとう雪崩でてしまう

で、落ちたのがシャナの真下www
結果ボコボコw

母親が様子を見に来たので屋上に隠れるシャナ
アラストール落ち着いてるなw


シャナ 61.jpgシャナ 62.jpg

突然他のフレイムヘイズの気配を察知するシャナとアラストール

悠然と歩くマージョリー・ドー マルコをぶん回し札束をフロントに突き出して一番いい部屋を取るw
マージョリーとマルコはキャスティングぴったりじゃないかな?


シャナ 63.jpgシャナ 64.jpg

翌朝 起きる悠二 そのベッドの中にはシャナが眠っていたw
そんなあられもない格好でwww


シャナ 65.jpgシャナ 66.jpg

目を覚ますシャナ 自分の格好に気付き、悠二に剣を突きつける
ドスの聞いた声で詰め寄るwww

アラストールが事情を説明して、一応は納得するが悠二には拒絶するw
「うるさい!うるさい!!うるさい!!!」


シャナ 67.jpgシャナ 68.jpg
シャナ 69.jpgシャナ 70.jpg

学校の体育の授業
他の教師から”平井ゆかり”の噂を聞いて、潰しに掛かる体育教師
生徒からは文句がでてくる

吉田さんが倒れ、生徒が心配そうに見守る
介抱する生徒が休ませるようにいうが、教師はそれを聞かない
悠二が教師に文句を言うが、それも鍛えるためだという

そこにシャナの→C(お嬢様キック)が入る 
「邪魔よ」
「疲れるだけで何の意味も無い」
など、いつものようにいうシャナw

怒った教師は暴力を働いたと停学、退学をほのめかす

殴ったりしないよな、と心配になる悠二だが、佐藤はシャナに手を貸す気で張り切る

右手に力をこめるシャナ、それをみて悠二は「蹴りだー!」と叫ぶ

それに反応して惜しげも無い蹴りを教師の腹に叩き込むw

「先生、大丈夫ですか?危ないですよ?急にトラックの中に入ってきちゃ。」
それに賛同するようにクラスのみんなも乗ってくる

さらに追い討ちをかけるため、シャナに脅すように持ち掛ける

「ちょうどトラックの上に居るね・・・」ちょwww怖wwww

それに教師は恐れをなして逃げ帰っていく。
悠二とシャナを取り囲んで騒ぎ立てるクラスメイト

だがシャナは自分に指図した悠二のことが気に食わない
その支持が絶妙であったからこそ納得がいかない


シャナ 71.jpgシャナ 72.jpgシャナ 73.jpg
シャナ 74.jpgシャナ 75.jpg シャナ 76.jpg

マージョリーとマルコは探りを入れるために自在法を使う
その気配にシャナとアラストールはその場に向かう

シャナが近づいてくるのに気付き、自在法を解き、封絶を広げる

シャナにここから出て行くように云うマージョリー
アラストールはマージョリー達のことを知っていた

自分達は屍拾いを追っている。 紅世の徒に例外はない 殺して殺して殺しつくすしかない

マージョリー、マルコの挑発に乗り戦いを仕掛けるシャナ
トーガとなりシャナに対するマージョリー

数が増えるトーガ 何も考えずに手当たりしだい切り捨てるシャナ
切った相手が爆発していく 傷を負うシャナ

「なんで、なんで!」
自分がやられた訳が、自分が考えていることが、なぜ悠二のことを考えているのかが分からないシャナ

屋上から落ちていく


シャナとマージョリー達の出会い、戦いが主だったはずなんだけど、

着替えに全部持っていかれた感がwww

アラストールの説明なんて全く覚えてないやw

まぁそれでも、シャナがクラスメイトから認められ始めたり、零時迷子のこととか分かったりと濃い内容だったのでは

それにしても、マージョリー・ドーとマルコの掛け合いが面白い。
余裕を持った喋り方とか、原作のイメージにピッタリだったなー。

来週は、そのマージョリーたちとフリアグネが対峙するのかな。
原作にはない部分(ってか最近そればっかなんだけどw)でどういう決着をつけるのかに期待

だけどフリアグネはシャナと悠二が倒さないと、マージョリーたちに勝つための経験地が足りなくなるんじゃないだろうか?
そのあたりをしっかりして欲しいとこです
posted by ひで at 18:58| Comment(0) | TrackBack(2) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

灼眼のシャナ 第3話 『トーチとフレイムヘイズ』

とりあえず2巻まで読了済みのシャナ
なんかアニメ版の展開が早くなりそうだから3巻以降にいかなければ


シャナ 30.jpgシャナ 31.jpgシャナ 32.jpg

名前をつけられたことに理解が出来ないシャナ
いままでのトーチではなかった経験だった

学校に行く悠二 自分を守るといったシャナの姿がみえない

池の口から「平井さん」という言葉が出たことに驚く悠二
平井さんの席にはシャナが座っていた

自分を守るために来たと思っていたが、平井ゆかりは自分だというシャナ

平井ゆかりの存在に「シャナ」を割り込ませたという
気にするなというが、平井さんの居場所を乗っ取ったシャナに怒りをあらわにする


シャナ 34.jpgシャナ 35.jpgシャナ 36.jpg

英語の授業
授業の内容に不満をもらすシャナ
これでもかといわんばかりの指摘に教師はうろたえる

わたしに教えるつもりがあるならちゃんと勉強してから出直しなさい!」
教師のビビリようが激しいww
不敵な笑みをうかべ全ての教科の教師が逃げ帰っていく。

「うぁぁ…!!祇園精舎の金の声盛者必衰の…とぅ!!」

飛び降りたー!!!wwwww

なんかここだけギャグっぽいw


シャナ 37.jpgシャナ 38.jpgシャナ 39.jpg
シャナ 40.jpgシャナ 41.jpg

メロンパンを買いに購買に行くシャナ
そんな問題児”平井さん”の一挙手一投足に怯えるクラスメイト達

そんなシャナを怒鳴りたてた悠二を避け、教室からでていく

屋上でメロンパンをほうばるシャナ 


「ここのメロンパン、皮の部分がいい感じに固くておいしい」

テラモエスwww

一人教室で昼食を食べる悠二
「まさに消える前のトーチだな」と自虐的につぶやく悠二

職員室では”平井ゆかり”のことが問題視される


シャナ 42.jpgシャナ 43.jpg

午後の授業も散々なものだったらしいw
”平井さん”に別れをつげる吉田さんだが、冷たくあしらわれてしまう
逃げるように去る吉田さん


シャナ 44.jpgシャナ 45.jpgシャナ 46.jpg
シャナ 47.jpgシャナ 48.jpgシャナ 49.jpg

『来た・・・!!』
教室内が封絶に囲まれる
クラスメイトは固まり、シャナは灼眼炎髪となる。
マントを翻し、その中から贄殿之遮那を引き抜く

クラスのみんなが居ることにうろたえる悠二
固まった人たちを廊下に運ぶ

中にとどまるトランプ
それがバラバラになり、悠二めがけて飛んでくる
それをマントで防御

とどまったとこを切り捨てるシャナ

爆発がおき、教室に残っていた池たちが巻き込まれる
死んだように血をながし倒れる池

トランプを操っていたのはマリアンヌだった
人形を捕らえ、主を尋ねるが答えない

そこに現れる”狩人”フリアグネ マリアンヌを抱きかかえる

フリアグネに炎を出せないことを見抜かれるシャナ

余裕をもった笑みを浮かべ、消えるフリアグネ


シャナは壊れたところを直そうと、池を使おうとする
それに怒る悠二 生きてる人間をつかうことに

「じゃあお前でも使う?」

今までのトーチと結局は同じで、そんなこと出来るわけがないと思うシャナ 
だが、悠二は迷うことなく自分を使うと答える


シャナ 50.jpgシャナ 51.jpg

坂井邸の屋上に座り込むシャナ
そこにハシゴを登ってくる悠二

悠二の炎はかなり小さくなっていた。
それでも自分は満足しているという

差し入れに持ってきたコーヒーをシャナに渡すが、

「・・・!苦い!!」

うはwwww なんかすげー幼くなったw (*´Д`)

砂糖は持ってきたが、スプーンを忘れたうっかり者の悠二くん

ハシゴを降りて取りに行こうとするが、その際に胸の炎が大きくなる
それをみて悠二の中にある宝具がなんであるのか心当たりがつくアラストール


ビルの屋上から街の様子をうかがうマージョリー・ドーとマルコシアス
いいキャラしてるなw この二人




今回は授業の際のシャナの不適っぷりが見所でしたかね。
あとメロンパンw

なんかマージョリー・ドーたちが本格的にフリアグネ編に絡んできそうですね
同時に進行するのでしょうかね

あまり急ぎすぎる展開にならなければいいんですが・・・
posted by ひで at 20:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

灼眼のシャナ 第2話 『灯る炎』

シャナ 13.jpgシャナ 14.jpgシャナ 15.jpg

紅世の徒の説明をうける悠二 
さっきの出来事よりもまえに喰われていた事を聞き、驚愕する
胸の炎はまだ強いが、それでもいずれは消えていく。
そのことをなんでもないことのように説明するシャナ。

納得のいかない悠二はシャナのあとについていく

通りすがりの子供達の中に炎の小さい子供が一人
すれ違いざまに存在が消えていく そのことに周りの子供は気が付かない
それがトーチを置く目的だという。


シャナ 16.jpgシャナ 17.jpgシャナ 18.jpg

深刻な悠二を置いてきぼりにしてシャナはメロンパンを買うw
焼き立てメロンパンおいしそーw

シャナがこのときだけ幼くなったみたいだw (*´Д`)

メロンパンを食べつつ歩き出すシャナ
悠二はいまだに自分が消えることが信じられない

「これが現実? 駄目だ・・・頭が付いていかない・・・
こんなこと、メロンパン食べながら言われたって・・・」


だよなw よりによってメロンパンだしw

シャナ自身のことを聞く悠二
シャナは自分のことを”フレイムヘイズ”だと答える
メロンパンを持ちながらw


シャナ 19.jpgシャナ 20.jpg

次の日になり、夢ではないと確認すると、両親たちの心情を考える。
結局は子供が居なかったことになったほうがましだ、と思う。
しかし、その心配も本物の坂井悠二ではない自分が思うことに疑問を抱く。

登校途中でシャナが待ち伏せしていた。
悠二を見張っていたほうが敵を見つけやすいという
悠二がミステスであることの説明をする

そのとき平井さんを見つける
話しかけるも、平井さんは生気がない 炎も小さいものだった

平井さんに対して積極的に接触することで存在を強くして忘れ去られないように努める悠二
だが、周りの人たちは平井さんのことを意識しない

「平井さん」って言いすぎw  
新しい語尾のごとく使ってるなw


シャナ 21.jpgシャナ 22.jpgシャナ 23.jpg
シャナ 24.jpgシャナ 25.jpgシャナ 26.jpg

ゲームセンターで遊んでいると、外にシャナの姿が
平井さんはもうどうしようもないと告げるシャナだが、悠二は納得しない

戻ってくると平井さんがいない
池に聞いてみるが判然としない答えしか返ってこない
しかたがないので一人で探しに行く 平井さんは河原の土手に座り込んでいた

だが、すぐに胸の炎は燃え尽きてしまう
その存在が消えていくのを目の当たりにして、トーチというものを実感する

彼女が居たことを自分は知っている。自分が自分であることを知っている。
だが、シャナはそれでもお前はただのトーチだ、と言う
そして自分もただのフレイムヘイズだと


シャナ 27.jpgシャナ 28.jpgシャナ 29.jpg

悠二はシャナの名前を聞く。だが、”贄殿の遮那のフレイムヘイズ”と呼ばれるだけで名前は無いといわれてしまう
そこから”シャナ”と名づける悠二。 そして自分もトーチではなく、『坂井悠二』である断言する。


名前のこといわれたときのシャナの表情がwww (*´Д`)

なんか言動と声の高さがギャップあるときがあるな それがいいんだけどw

だんだんと専門用語的な説明がされていきますが、これだけではわからないのでは?
量的にも多いし。 公式HPにある程度載っているので分からない人はそちらを参照に。

今回は平井さんが消えていき、それを実際に見た悠二のこれからの決意が良い感じで出ていたのではないでしょうか
原作には無かった部分だけど、悪い追加分ってわけではないと思いました。

来週には学校でフリアグネ・マリアンヌとの接触があるみたいですが、もうひとりのフレイムヘイズって原作だとここで出てきてないような・・・
時間的な問題から登場を前倒してるんでしょうかね。 流れが崩れないことを祈ります・・・


ちなみに今更ながら灼眼のシャナ〜Prelude to Shana〜原作2巻を買ってきました。
原作はまだ読みきってないのですが、DVDは放送が始まる前に見たかったなー・・・
予告と声優さんのインタビューが入ってましたが、15分で1200円はちょっと高いような?
まぁ本放送見る前に、これを見て期待できたなら良かったんでしょうけどね。
あとはポストカードが数枚と、解説書。
まだ2話なので、買うという方は本放送が進む前に見たほうがいいかと思います。
posted by ひで at 17:32| Comment(0) | TrackBack(7) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

灼眼のシャナ 第1話 『全ての終わり、一つの始まり』

原作を1巻だけ読んでとりあえずの予習をしてから臨んだ、個人的に今期一の期待作。


川田まみさんのOPがすげーカコイイ!!
緋色の空 川田まみ

自分がI'veびいきってこともあるかもしれませんが、ピッタリなのではないでしょうか。


シャナ 01.jpgシャナ 02.jpgシャナ 03.jpg


本編は小説と同じく、主人公坂井悠二の死ぬシーンから。
魔方陣が広がっていくエフェクトがかっこいいな。

状況を理解しないまま人形に襲われる悠二。
いただきまーす!って言ってたでかい人形の目のぐるぐるがハチクロのはぐちゃんに見えた罠w

刃物で切られ、地面を這いずり回る腕が気持ち悪い・・・(でもいい動きw)

シャナ 04.jpgシャナ 05.jpgシャナ 06.jpg



そして、登場する炎髪灼眼のシャナ

ヤベーよ シャナかっこよすぎ

そして強えー!!

さらに容赦ねーwww


そして場面は襲われる日の朝からの回想へ。
初回ってことなのか全体的に主人公の一人語りが多いかなー。
どことなくハチクロを思い出してしまう。


「新しい高校生活」ですね。
TH2といい、高校生モノってのはやり易いんでしょうね。
物語的に。


クラスの女子をまじまじと見渡す悠二くんw
そこに読めないと分かった上で、教科書の続きを悠二に読ませる教師。
困っていると教科書のページ・行を教えてくれる親切な平井さん。
平井さんは心の優しい良い子や〜


そんな感じで過ぎていく日常
だが日常の合間に見え隠れする、崩壊へのイメージ

シャナ 07.jpgシャナ 08.jpgシャナ 09.jpg



市街地に行って、CDショップで会った平井さんと別れる。
するとそこで異変が訪れる。

巨大な人形に食べられる周りの人たち
その中にはさっき別れたばかりの平井さんも。

て、あれ? 原作では平井さんってここでは居なかったような。
ちょっとした修正でしょうかね? 
主人公が平井さんの状況を判断できるということで、良いほうの修正かなぁ、と。

人形に捕らえられ、食べられそうになる悠二。

そしてもう1体の敵にとび蹴りを喰らわせつつ登場するシャナ。

マジデカコヨスギ


アラストール声渋いなw イイヨイイヨw 
圧倒的な闘いをみせるシャナ。 
一切の攻撃を受け付けず、容赦なく圧倒する

シャナ 10.jpgシャナ 11.jpgシャナ 12.jpg



人間に乗り移った敵が切られるところを見て、不用意にあいだに入る悠二

敵に背中から腕を突っ込まれて体の中を弄られるが


シャナにあっさり体ごと切られる


うはwwwざっくりイキスギwww

救急車呼んでー、とか意味なさげwww
左の肩口から腹までパックリ分かれてるしw


そんな感じで敵を退けたシャナ

いくぞー!! 1,2,3、ダー!!と腕を挙げ、周りを元通りに修復

んで、自分が今どんな状況にあるのかを説明されショックを受ける悠二君


次回は平井さんが消えていく過程をやるようです。
原作では平井さんはシャナと入れ替わるようにふっと消えてしまったんでしたっけ。
その辺の修正を加えて、詳しいことの説明を受けつつ、日常にシャナが入ってくる感じですかね。


EDはいとうのいぢさんの絵に高橋さんの歌。
こっちもいい感じにアップテンポの曲。
夜明け生まれ来る少女 高橋洋子

自分の全体的評価としてはかなりいいですねー。
期待に外れませんでしたよ。

アニメと同時に原作も追っていきたいと思います。


DVD : 灼眼のシャナ~Prelude to Shana~

原作 : 灼眼のシャナT〜]
posted by ひで at 23:19| Comment(0) | TrackBack(5) | 灼眼のシャナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする