2005年08月23日

Fate/hollow ataraxia 体験版

TechGian誌付属「Fate/hollow ataraxia体験版」

前回に引き続き、Fate目的で普段買わないTechGianを買ってきました!

TYPE-MOON公式HPでも先日発売予定日が決定し、デモムービーが配信開始となったFate/hollow ataraxiaですが、体験版配布は今回が始めての配布となります。

本誌のほうはパラパラッとめくってとりあえず放置(ぉ
今回の付録はFateの絵が描かれているROMが2枚。
しかもそのうち1枚はピクチャーレーベル!!
早速体験版をインストール。。。そういえば今回の体験版はLHA形式で圧縮されているのでご注意を。(もう1枚のDVD-ROMに「unlha32.dll」が入っているのでそれで解凍を!DVD-ROMが読み込めない方は製作者さまのページからだうんろーど!!)

早速起動すると見返りセイバーさんが!!
はやる気持ちを抑え、まずは壁紙からちぇき。
壁紙は
「見返りセイバー」「水着凛」「凛と桜」「ネコミミモード凛」「なんか食べてる桜」
「カレン」「座ってるカレン」「私服セイバー」「マジカル凛」「水着桜」
「スカートはいてないカレン(ぉ」「ミニキャラ女性陣」
の計12枚

んで、インストールもして(200MBくらい)体験版起動!!

あのTYPE-MOONのOPロゴが〜〜〜〜!!!!これを聞くだけで幸せな気分にw
体験版です。という注意書きが入りタイトル画面に。
今回は青空をバックにさわやかな感じ。
ここで選択可能なのは [START][CONFIG][SPECIAL][QUIT]
お?すぺしゃる? う〜、楽しみはあとに取っておこうw

今回は10月10日からの2日間が体験出来るようです。
そこはかとなく適当に紹介〜
マップ上のキャラにカーソルを合わせるとイベントタイトルが表示されます。
ちなみに選べる選択肢も制限されていて、選べないキャラは「体験版では選択できません」と出てしまいます。


10日 午前
選べるのは衛宮邸土蔵にいるセイバーのみ。

セイバー「ペンギン型カキ氷機」セイバーさんをクリックするとご飯のことを考えてるwww
で、いきなり戦車の砲台が
こんなもの、いつ持ち込んだんだ って気付くだろ!普通wwww
どうやら土蔵の整理をしているらしい士郎とセイバー。
鯛焼き用の鉄板(業務用)やらわたあめを作る機械などガラクタが山ほど出てくるw
これらを持ってきたのは勿論藤ねえ。
そんななかセイバーはペンギン型のカキ氷機を見つける。
ここでセイバーの視線が釘付けに。画面が動く動く。セイバーさんの手の震えにあわせてふるふるw
ときめきセイバーwww
が、ペンギンの型をしていながら氷を入れるのは勿論頭。改めて思うとちょっとアレですねw
好奇心だだ漏れそわそわセイバーwww
ペンギンでもいいのか って思ってたら「獅子や豹の型はないのですか?」
やっぱりか! それでこそセイバーさんだ!!w

10日 午後
選択肢は 衛宮邸ライダーの部屋のライダーと港にいるランサー

ライダー「ライダーと読書とやきもち桜」
ライダーの部屋で読書をする士郎とライダー。
本棚がないので無造作に部屋の隅に本が積んである。
特に好きなジャンルがないと云うライダー。だが”読書”そのものが趣味だと云う。
しかし、士郎は押し入れの中にはライダー秘蔵のコレクションが眠っていると考える。
が、それを見るのは命に関わると怖気づくw そっち見てー!スゲー見てーよぅwww
そこへ桜が登場。ライダーに用があったにも関わらず士郎がいることに気付くと、代わりに士郎を呼び出そうとする。
疑問に思ったライダーは自分に聞きたいことはなんだったのか問うと、言い知れぬ緊張感が・・・ このあたりでも人物の配置がぐるぐる
突然顔を赤くして桜に謝るライダー。それに反応して桜も赤くなる。
連れ出したのはいいが何の用だったか忘れてしまう桜。ライダーの部屋で続きを読もうとすると、必死になってそれを阻むw
ごはんがどうとか理由をつけて二人になろうとするが、士郎は気付かずにライダーに夕飯のリクエストを取りに行こうとするw
あわててそれをさえぎるさくらw
ようやく桜の気迫に負けて夕飯の準備に二人で取り掛かる。
士郎相変わらずスギwww

ランサー「ランサーズヘヴン」港に行くとランサーの姿が。どうやら彼はつりが趣味のようだ。
ここで声をかけるのだが、選択肢が
「……なにしてんだろ」「聖杯戦争について」
ここでは前者しか選べません。

天気のよい絶好のロケーションだが、港は暴力団っぽい男によって、人の寄り付かない魔境と化していたw
なんて一体感だw サーヴァントには見えないw

どうやら釣果はまずまずのよう。しかし長時間の釣りには必要な竿がけが見当たらない。
しかし長時間竿を持っていながらも、ランサーの釣り竿は少しもブレない。
さすがはサーヴァント、なのだが力を発揮する場所が少し違うようなww
竿はどうやらそこらの兄ちゃんからモラッたもののようです。
「いやまあ。間桐んとこの兄ちゃんなんだけどな」

って慎二かよwww 慎二もかわいそうに。見るからに相性悪そうだもんなw

釣りには自信があるというランサー。こと釣りに関してはサーヴァント中最強の自負があるとのことww
もっと違うところで最強の称号は取るべきだと・・・w コピーバカやら貧弱王子やら言いたい放題w
ランサーの意外な一面が垣間見えた感じでした。言峰ではなく、士郎や凛のようなマスターだったらこんな感じだったのでしょうw

11日 午前
選択肢は駅前におわす凛様と穂群原学園校庭にいる三枝さんら3人組

遠坂凛「ざぶーんへの道」
駅前を歩いていると凛と出会う。
新しく出来たプール『わくわくざぶーん』に興味がおありの凛様
洋館に住んでる遠坂さんちはプールがあるようです。ぶるじょわ〜
士郎は先日慎二と映画を見に行った様子。前半はラブストーリーっぽいのに最後は殺人っ!?
で、遠坂さんちのプールを使わせてもらうことになるが凛は士郎と二人で遊びたい御様子。
だが、ここでも士郎は『セイバーをよぼう、桜も、ライダーも』とかのたまうwww
段々機嫌を損ねてくる凛様。
そこに士郎、
「折角のプライベートプールだから、羽目を外して外じゃ出来ないコトも色々やっちゃえるワケだし」
―プールにゴムボートやらバーベキューパーティーしたり―
「な?ちょっといいだろ、そういうの」


「わけないでしょーーーーーっ!

なに考えてるのこのケダモノーっ!!!!!」

凛様の赤い右腕が唸る!!! キタコレwwwwwwww

「うちの庭で・・・わたしの目の前で・・・ナニするつもりよ、信じらんない、この節操なし(アーチャー)予備軍!」
酷いいわれようだな、アーチャーwww
衛宮君以外はうちに入れないとか云うが、士郎は迷惑になるとか別の方向でしか捉えないw
そこで2度目の赤い右腕炸裂www
約束を復唱させうまいこと「プールに誘うのはわたしだけ」と約束を取り付ける凛様。
自宅のプールでは割に合わないとヨーロッパの本格リゾート地を思わせる、ゆったりした空間が魅力的。水温は体温に近い三十三〜三十四℃に保たれ、一年を通じて楽しめるプールリゾート、わくわくざぶーんへ行くことにwww きのこ滑り台もあるよ!www
いろいろまくし立てて士郎を誘おうとするが、最後はしおらしくw
騙されるかー。と士郎は信じない。 いや、これは騙されるよ・・・ むりだって・・・
そんなこんなで遠坂との約束をとりつける。
凛様、そのツンデレ具合劣ること無し!!

三枝さんら3人組「陸上部のお弁当」
弓道部だったため、グラウンドの部活の様子を知らない士郎。
そのハードさに驚く。そのハードさの元凶は穂群の黒豹、薪寺楓。
「走れ走れ死ねー!」

ハードとかのレベルじゃねぇwww  死ねっすかw
練習の様子を見ていると氷室さんが士郎に声をかける。
氷室さんは走り高跳びの選手のようで走りこみには参加していない。
薪寺さんをSだと判断する士郎に対して、薪寺はマゾヒスティックだと思うという氷室さん。
薪寺サンの何を知っているんだーw

そういったやり取りをしていると話を聞いた三枝さんが話に参加。
マネージャーとして忙しくグラウンドを行き来する三枝さん。
走り込みが終り、お昼のあとのミーティングに遅れたら遅れた秒数だけダッシュ追加とスパルタ具合をみせる薪寺サンw

テッポーとハードルの具合を見て欲しいと頼まれ、そのお礼にお昼を一緒に食べようという話に。
三枝さんの誘いに、薪寺さんは”無償奉仕大好き族だから気を遣われると逆に死んでしまう”と士郎を誘うのを拒否する。
士郎に食わせることないと言うが、氷室さんに「薪の字なら昼は二人前まで、夜三人前までは平気だからな」といわれてしまうw
「平気じゃねーよ!どこの日本妖怪だよそれ!」
日本妖怪にはおらずとも西洋の達人にいる、という事実は飲み込んでおいた。
セイバーいわれちゃってるwwww

昼食は厚めのフランスパンに鮭のマリネ。前作もそうだったけど食べ物の描写がえらく豪華だなー。
Fateやってると日本食とか無性に食べたくなるw

士郎が美食家であるという噂がながれ、
「お昼しだいでは『女将を呼べ!』とか三枝に迫ってくるかもしれない。」
「究極のメニュー対決では応援してやるからな。」
「なに、キョーゴクのダンナさえ押さえておけばだいたい勝ちサ!」
など、山○サン側の薪寺さんwww

さらに凛が士郎のお弁当を持ってきていることに驚く薪寺さん。
「認めねぇー!あの高慢チキで業突張りな女に、こんな甲斐甲斐しいヘルパーつくもんかっ!」
凛のヘルパー呼ばわりw 

三人組の仲のよい日常の風景。全員の個性がはっきり分かれていて見ているだけで面白いw

11日 午後
選択肢は衛宮邸居間のイリヤと港にいるセイバー
今回は選べないが商店街にキャスターがいるw やはり幸せな夫婦生活をしているのだろうかww

イリヤ「砂糖菓子のティータイム」
そろそろ三時なのでお茶でも入れようと居間に行くとそこにはイリヤが。
って、士郎はイリヤがきてることを知らなかったらしい。
聖杯戦争の敵対関係が無くなったとはいえ、普通に無用心すぎるのでは・・・w
イリヤに紅茶をいれようとするが、家の主は泰然自若と構えているべきだと諭される。
泰然自若て・・・ イリヤ博識だよ。そもそも日本人じゃないしw
(あ、そういえば20歳以上になるのかな?)
これは読めない人もいるのでは?www
それに対して士郎は
「もっともな意見だが、ここに偉そうにふんぞり返っているというのは一生できそうにない。」

それはもっともな意見だwww

藤ねえにはじまりセイバーや桜、ライダーも桜と一緒に住んでいるので偉そうにはできないだろうなw

そして士郎は気付く・・・
台所に、誰かいる―――
白い影がもやーっと。 このシルエットは・・・

アインツベルン家のメイド達リズとセラでしたw
彼女らに何故か異常な拒絶反応を示す士郎。幽霊てw リズになにされたんだww

「台所から突然メイドが湧けばふつう驚く。」 メイドが湧くってw
しかし、メイドが湧く台所か・・・ すげえな、衛宮邸は

城の中では格調高いあのメイド服も、うちでは派手すぎて彼女たちが主人のように見える。
確かに。畳の居間にメイドってのもアンバランスでおかしなものだw

そうこうしてるうちにメイドたちがお茶を持ってくる。
リズはたどたどしい言葉だが、日本語が喋れないってことなのか?それとも種死のステラみたいなものなのか?
ソーサーとカップは持ち込みですかwぶるじょわー
どうやら士郎はセラが苦手な様子。
士郎にアインツベルン城最強の敵とまで言わせるセラ。
全くこのメイドたちはなにをやらかしたんだwww

教育係セラは紅茶一杯をもってして士郎を責め立てるwそれを楽しそうに眺めるイリヤw
イリヤはさらにデザートを用意するようにいう。
そして現れたのはラ・フルールのトリプルベリーパイ。
遠坂のいうところのベリーベリーベリー。 赤色の競演。
メイド達に囲まれて食事をするということに慣れない士郎は、セラたちにも食べるように勧めるが、完璧メイドのセラたちは主人と食事は共にしないと断る。
困る士郎を見るに見かねたイリヤはセラたちを下がらせる。
士郎曰く「俺の家なのに誰かに拉致されてる気分」だそうでw

イリヤは士郎に将来とびっきり豪華で優雅なデートをするから、どんなに苦手でもこれは避けて通れない行事だという。
相手がいないっぽいという士郎に対し、笑顔で
「相手がいなかったら、最後はわたしがいるもの。とゆーかぁ―― 一番のデートをするのはわたしだもの。シロウにはぜったい、王子様としてむかえにきてもらうんだから」
これに士郎の頭はとろけかけるw まったくやられるな、イリヤの笑顔には
セラとリズなんて序の口だ… 一人きりのイリヤこそ、砂糖菓子のように甘い淑女なのだった。


セイバー「故郷を思うセイバー」
港に来ると、海を見ているセイバーにあう。

セイバーは故郷を語る。
故郷に平和が訪れたならば、異国の大地を見てみたかったという。
しかしその言葉は未練ではなく、良き思い出として語られる。

いつか士郎にも自分の故郷を見せたい。
そういうセイバーに士郎は語る言葉がない。
自分が異国で語る冬木の街はセイバーが語ったような薫りがするのだろうか、と考え込む。
離れてみなければ自分が何処にいたのか分からない。
大切だと気付くときは大抵壊してからである。というような感覚と似ている。

故郷などと普段考えなかった士郎は気分転換に話を変える。
セイバーに魚が好きかきく。
特定のものを除けば好みとのこと。
セイバーに好き嫌いあったのか。 なんだかんだいって全部食べそうなイメージがあるw
ということで、今晩のメニューは秋刀魚に柚子に決定w
脂の乗ったいいものがあれば、と思うが、周りに日がな一日釣りばっかりしているヤツはいない。
ランサーはそんなに釣りばっかりしているのかw

セイバーの故郷を思う気持ちが垣間見えたイベントでした。そこから食べ物の話題へとww

11日目 夜
ここで夜の行動が選択出来るように。

選択肢は「夜の街を調べに行く」「衛宮邸で過ごす」「今日はもう寝る」の3つ。
しかし体験版では「夜の街を調べに行く」しか選択できないです。
それを選ぶと「一人で」「セイバーと」の2つが
これも「一人で」しか選べません。

「四夜の終末」

ここで一気にふいんき(なぜか変換でk(ry)が変わりシリアスモードへ。
街へ出ようと部屋を出るが、
…最後に。
一度だけ振り返って、部屋の様子をよく覚えておくことにした。

まるで、もうこの部屋には戻って来れないような。そんな不安をあおる演出

外に出た途端、違う世界に投げ出されたように感じる士郎。
霧に乗って獣の息づかいが聞こえてくる。
人の気配もしない。
民家を見れば、解体現場のようなありさま。だが、バラされた肉片もコロされた命もない。
反響する息づかいを追跡する。するとそこには遠吠えの主が。
獣のような影を落とすソレは赤い眼を睨ませ、士郎に襲い掛かる。
鋭い爪を振り回すが、セイバーと打ち合っている士郎は難なくかわす。
”ジ……ケ、……ダ…、ジブンダケ……!”
そう声はドス黒さを増していく。
怖くなった士郎は反射的に反撃にでる。まともに受けた獣は苦しみながら立ち上がれない。
こいつ一人では町中を無人には出来ないと思い、何者なのか問いただそうとする。
が、士郎の周りはソレに埋め尽くされていた。

”……、!” ”……、!” ”…叶…ろ!”

津波が襲ってくるような光景に、どうしようもないと諦めたそのとき、

「分かりませんか?
 彼らは、”願いを叶えろ”と言っているのです」


美しく響く銀色の声。

世界を埋め尽くす獣の中心に、 事の、始まりの姿があった。

ここでカレン登場。 
あいかわらずスカートはいてないが、もう慣れたw 
てかシリアスすぎてツッコミいれられねぇ――

その後、カレンは士郎のことを”罪人”といい、獣の群れは士郎の肉体を解体した。

――そうして冬木市は終焉を迎えた・・・ 

ってバッドエンドで終わっちゃった・・・
すぐさまTYPE-MOONで配布されてるデモムービーへ すごい急展開だなw

配布されているデモのあとに、新規のデモが。
今回のは、うってかわって本気のシリアスモード。
カレンやらバゼットなど、いままで出ていなかったキャラが。
歌も入って、新たな絵もでてきます。

てか、もー堪らない。これはヤバイ。ゾクゾクくる感じ。

とにかく見て欲しい!おそらく第二弾として公式HPでも配布されると思いますので。


んで、タイガー道場に。 今回もあるのな。よかったよかった
ぽかーんとしてるイリヤとタイガ
後ろの掛け軸は「TRY ME」と「鋭意製作中」 
額にはつくりものじさんのカレンのイラスト(?)で「おたのしみに」
あまりのおいてけぼり具合を例えるなら劇場版ガンサムをVからみるようなもの。
あるいは読者への挑戦から読むくらいのショートカットぶりww

推理小説の冒頭に落書きする凶悪学生だったでしょ。というイリヤに対し

ふふふ、犯人はスヤ。 とギリギリな対応をみせるタイガwwww

ここで大まかなゲームの説明が
・1プレイのゲーム期間は四日間。
 午前・午後の行動のほかに、夜の自由行動、フラグ立てによる特別なイベントもあるとかなんとか。
・フラグは次回プレイ時にも持ち越し。 
・セーブポイントは一個のみ ゲームの中断がそのままセーブに。
・一度見たブロックは全て再生モードに登録され、見たいシーンはそこから再生可能。


気ままに楽しみ、疲れたらサクッと中断するのが上手な楽しみ方。

なんだか前作とはシステムが大幅に変わっているようですね。

体験版はここまでで、あとはタイトルのSPECIALを残すのみです。

で 問題のそのSPECIAL。
ミニゲームの花札でした。
花札やったことなく、ルール知らない人もチュートリアルがあるので安心。
自分もルール知らなかったです。

チュートリアルの講師は八雲剣豪さんによるセラ&リズ。
どうやらミニゲームの絵は各キャラごとに色々な方による絵のようです。

チュートリアルにも様々なネタが…
カス札=ニートでw
1点を競うときはニートのいじをみせてやれ!wwww
カスの中のカス・・・ カリスマニート!? なんてクール!!wwwww


ミニゲーム「とらぶる道中記」には宝具があり、MPを消費していろいろできるようです。

で、体験版は宝具は使えませんが、トラブルモードという凛&アーチャーとの対戦もできます。
こっちもストーリーがおもしろいですよw タイガとイリアの道場コンビ。


本編は主に日常のギャグテイストの場面と、カレン関連のシリアス路線に分かれている感じかな?
カレンも日常に入ってくるのかもしれませんね。

前作でのキャラ特性を活かしきった展開に嫌でも期待が高まりますね〜。
これは間違いなく買いですよ。発売が待ち遠しいですわー。
posted by ひで at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

コミックマーケット68

いまさらな感じもしますが行ってきたのでレポートを。

ぶっちゃけ前日の夜まで確実に行けるのかどうか分かりませんでした。
you君の車で行く予定でしたが、you君は前日も東京に別件で行ってきたようで疲れ切ってるご様子。
多少高くなるバスで行くのか、you君の体調を考慮し車を出してもらうべきなのか・・・







you君の体調を見てみぬフリで自家用車(you君運転)決行



ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなs(ry


すごく助かりました。あらためてありがとう!!


んで、今回は2回目の参加でした。前回はバスで12時過ぎに国際展示場に着くまったりペースでした。 カタログも買ってなかったし、初参加だったので様子見という感じで。

今回は気合入れて会場前には着く!を目標に予定組み。
それでも予定の駐車場が6:00からだったので、そこが開いた瞬間からタイムアタック形式で。

<3:30 起床>
寝たのが0時くらいで、3時くらいに目が覚めてしまう。
そこからソワソワして寝れないという、遠足前の小学生並の反応。
親が寝ている中、(両親には「東京の友達のところに行って来る」、と良心的な虚言をつく)シャワーを浴びて眠気を醒ましたり、着替えたり。
中学当時の塾の参考書がギチギチに詰まったリュックサックを
「お前はこれから全く違うもので満たされるのだ!」

とか思いつつ中身を入れ替える。
予定より遥かに早く準備完了。手提げカバンとリュックに分けて対物量戦にも備えた!

そんなこんなで、4時半に。
you君が我が家に到着。
「頭痛い。」とか云ってるが、基本的に流す方向で。
「大丈夫か?」など適当に返していたが、行くことしか考えてない。

で、高速に乗って周りに車がいないのでガンガン飛ばす。
そのうちにyou君の調子もそれなりに。

で、首都高に入って事故が起こったらしく渋滞に巻き込まれる。
事故車両をウラミつつ、目的の駐車場へ到着。

そこから電車で移動。
大崎で乗り換える時、走れば間に合った電車を逃してしまい(あまりにも乗車人数が少なかったので違うほうかと思った)次のを待つことに。
そしたら来るわ来るわ。

もうさっきの電車が嘘のようにホームには人だかり。
電車が来て、半年振りのすし詰め状態。

7時くらいに国際展示場に到着。




え? これ全部? 前見えないじゃん



そんな感じで、遥か後ろのほうに並ばされる。
日が昇るにつれ、最初は立っていた周りの人も徐々に座っていく。
自分達も座り、中身のないような話を続けて時間の経過を記憶の外へ。
それにしてもここでアイスキャンディーの商売は儲かるだろうな・・・

そして10時少し前に列が動き出す。
んで少し行った所で10時になって前のほうから拍手が。
遥か遠くに入り口を望む自分達にとっては正直関係無い拍手でしたが、それでも一応w

そしてそして、遂に階段を登りきり入り口へ!

you君は東館へ、自分は西館へ。


ぶっちゃけここから先は 覚 え て い ま せ ん 。

とりあえず持ってきたチェック表通りに進んだような・・・
ひぐらしの列はどこが最後尾なのか分からなくて一先ず後回し。
「Thanks/you」は最初に見たときにはもう完売。
あとは大体見つけられて、ひぐらしに向かい最後尾を見つける。

少し並んでいると後ろのほうで・・・



「このあたりの人は買えないかと思います〜。」


ふ〜ん、可哀相に・・・ せっかくの新作なのにねwwwwwww


え、 なんで、 こっちのほう見てるの?  え? え?


マジデスカ  orz


結局入手できず・・・  4時からの委託販売にもいけませんでしたorz

しかし、ここで落胆しているわけには行きません。
まだ東館が残っている!!

東へ移動中、ビーチサンダルの鼻緒の部分がとれちゃってる人が。もう歩けない状態で
これからって時に悲惨だなー、とおもいつつ絶対にサンダルでは来ないようにしようと心に決める。

東は本当に断片的にしか

負け組クラブさんのとこに行ったら丁度目の前で最後のおねセイ2が売りきられるところでテンパッたくらいしか (売り切れではなく下から増やしてくれた)

あとはチェック通りに回り、7、8割は買うことができました。

企業ブースはType-moonやらに行きたかったのですが、1日目に行った高校時代の友達が「絶対無理」とのことだったので潔く諦めるとこに。
で、待ち合わせのところに向かうもののyou君と意思の疎通がうまくいかずなかなか会えないなどというトラブルもありつつ無事帰還。
前回はこのあとに秋葉原に向かったのですが、さすがに疲れてしまい直帰コース。


帰ってきてから数えてみるとCDの画集、ゲームなどを含め31冊
まぁまぁっすかね 一般初参加としては


んで、いろいろ見てみるとひぐらしは委託分はほとんど完売で28日に再販。
Type-moonは通販で売り出すそうです。(多少の違いはありますが

まぁ今回の経験を活かして 次 へ 次 へ 繋げたいと思います。
posted by ひで at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

『ひぐらしのなく頃に』アニメ化!!

罪滅し編も発表され、コンシューマー化の話もあがりつつ、漫画連載も進みながら、ドラマCDの続編も予約開始されて、とどまるところを知らない『ひぐらしのなく頃に』ですが

遂に『ひぐらしのく頃に』アニメ化ですよ!

アニメイトTVプロモーション映像が公開されています。

いや〜、Fateといい2006年は期待のタイトルが目白押しですね〜。

製作はFateと同じくスタジオディーンのようです。

『ひぐらし』の問題編はそれぞれ時系列を同じくする「鬼隠し編」「綿流し編」「祟殺し編」の3つのストーリーで成り立っているのですが、アニメ化するに際して、どのストーリーが扱われるのかも気になるところです。
全てのストーリーが相互に関わりあっているので、どれか一つでも欠けると謎が解けなくなってしまう恐れが・・・
重要な謎解きの部分だけ括り出して繋げるのでしょうが・・・ それでも結末が全く違うからな〜。
あと、解答編にあたる「目明し編」「罪滅し編」を含めて放送するのか・・・
ドラマCDの声優陣でやってくれるのか・・・

色々アニメ化するにあたって不安要素も出てきますが、とりあえずアニメ化することには期待を持っていきたいと思います。

07th Storming Partyの「ひぐらし製作日記」の8月21日に竜騎士07さんがひぐらしの並行世界について書かれているので読んでみてください。ひぐらしの世界観が少し分かるかも知れません。(結構重要なネタバレが含まれますので注意!!正直プレイした人向けかも・・・)

ひぐらしのなく頃に リンク集

07th Storming Party
Bnr_00.jpg
雛見沢村 村興し実行委員会
higurashi-ban01.jpg
ドラマCD ひぐらしのなく頃に
cdhigurashi_banner01.jpg
posted by ひで at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

続かないなー・・・

結局放置してしまった・・・ orz
今週はコミケやら地元に帰ってきた友人と遊び通したり忙しかったのです。

とはいっても更新できないほどではなかったのでやはり自分の怠惰な態度が原因ですね。

ここ最近は色々なネタがあって紹介しきれないほどなので一つ一つ別の記事で・・・


やっぱり毎日更新する癖をつけないと続かなくなってしまうな〜。
とりあえず書くこと無くても一言更新するようにしなくては・・・

posted by ひで at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

”最下位の再開”

ってことで実家のネット環境を取り戻しました〜。
面倒な手続きがあるのかと思ったら休止中だったので電話2分で完了でした。

とはいっても、驚くべき通信速度を誇るのでお気に入り巡回に時間とられすぎる・・・
画像をうpしようとしても1枚にありえない時間とられてしまう・・・

そんな厳しい環境下ですが、とりあえず通常更新再開です。

しかし、先の通り画像のうpがきついので『印象に残った3枚』という形をとりたいと思います。



さてー、感想は各話題に区切って書くので通常日記をば。

実家に帰ってきてからの行動範囲は本屋、ゲーセン、you邸と休日の安定行動を繰り返していたわけです。

しかし、何の理由があるのかは知りませんがyou君が

「静岡行かねー?」

との御達しを出されたので暇つぶしにご同行。

彼の車で行ったのですが、車中では


「ガガガ!ガガガ!ガオガイガー!」

やら、

「CHA-LA! HEAD-CHA-LA!」

やら、

「いちーばん綺麗なそーらをみよーうよー」

など、アニソンで溢れていました。 (まぁ普通のもあったケド)

特にガオガイガー。 何でこんな種類があるのかってくらいメドレーしてたw

(you君は最初の「ガガガ!」ってところで判別してたが自分には違いが分からなかった)


そんなこんなで富士宮に到着。

どうやら本当に私用のようで、自分は近場のジャスコで待っている事に。

量販店の質は本屋で判断するのですが、まぁ普通。雑誌だけ妙に豊富だったかな。

新書コーナーなどは小さくて目当ての本は見つからなかった。

少し経ってyou君が迎えに来て、ミスタードーナツとマックで適当に買う。

ミスタードーナツが地元に無かったので行くのは初めて。

買ったのは『フレンチクルーラー』と『ポンデリング』とチョコレートのやつ

絵本さんとセイバーネタで安定w どれも普通においしかったです。

posted by ひで at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

帰郷します

本日のテストをもって前期が終了しましたー。

て、ことで夏休みです!

地元なのですぐさま実家に帰ります。

おそらく一週間以内には更新できるようにはしたいです。

が、出来なかった場合にはyou君の家で書かせてもらいます。(よろしくね)



なんか夜帰る予定だったのですが、親の都合で今から来るようなのでこのへんであっさりと。

では、また会う日まで〜。 ごきげんよう ノシ
posted by ひで at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

近況報告C

このパターンは今回がラストだと思います。

テスト期間もそろそろ終焉を向かえ、残すところあと1教科となりました。
それも比較的にラクな感じ

これを乗り越えれば夏休みですよー!

4月度から「夏休みマダー?(・∀・)」と云っていました。
まちにまった長期休暇です。 まぁ別段やることも無いですけどネ!!

さて、もっちーのとことユッキーのとこで書かれている通り、日曜日から月曜日にかけてユッキーがウチに来ました。
これでうちに来たのは3回目かな?

まぁウチに来てもPlayStation 2くらいしかやること無いので、NINTENDO64を持ってきてもらいました。
やるのは勿論大乱闘 スマッシュブラザーズ
中学当時から集まるごとにやり続けてきた、いわゆるネ申ゲー
身内では、Crow君が大会に出てたりする猛者。(ポリゴンで痛い目を見たそうデスw)

Crow:カービィ遣い。テクニック、安定感抜群!バランスでは右に出るものはいないゾ!DXをも所持する真のスマブラ信者だ!

you:青カービィ・青ネス遣い。”鬼畜王”の名を冠するルール無用の残虐ファイター。彼に狙われたなら、画面端に逃げようがその魔の手からは逃れられない・・・(スキル:投擲)

モッチー:ファルコン・カービィ遣い?(よくわからんw)3コンの黄色いコントローラーと言ったら彼だ!はじけ具合では他の追随を許さない!戦闘開始の雄叫び(↓B)をあげろ!

ユッキー:ドンキー遣い?(もっとわからんw)ピカチュウのコントローラーをこよなく愛し、家族ぐるみでマリオポーリーを行う理想家族の一員。自分では家族に迫害を受けていると言うが真偽のほどは定かではない。モーション爆弾のことを「設置」と呼び、気が狂ったかのように設置を追い求める。

cer:ピカチュウ遣い(違ったかも・・・)キャラの特性を巧く生かしたトリッキーな遣い手だ!ユッキー狩りに関しては実力の120%を注ぎ込み、そのストック数を秒単位で減らしていく!「ユッキーがッ!泣くまで!殴るのを止めない!!」

ひで:ピカチュウ・ネス遣い。ステージ端でファイヤー・サーベルを振るい、穴に落ちたドンキーには電撃を浴びせ続け歓喜する人外。



このほかにも、チームバトルで仲間の命を奪い続けるT.H 、神のような行動で笑いをとりつつ強かに勝利を狙うI.W、ネスを操りお金の絡んだ戦いで大幅黒字を叩き出したK.Sなど・・・

こいつらバカだろってくらいやってました。

まぁそんなこんなで今回も3人で大乱闘でした。

んで、モッチーがテスト勉強のために一時帰宅。

二人でやってもつまんないので、歩いてゲーセンへ。

久しぶりにユッキーとギターセッション。(ドラムは混んでた)
ユッキーがなかなかの向上心をみせる。  イイヨイイヨー
その経過中自分も少しながらポイントが上がる。1003ちょい。
久しぶりに100秒緑で死んだ。アレ系の苦手は克服したはずなんだけど・・・

満足するまでやり続け、帰宅しようとしたら雨がパラパラ。
勿論傘なんて持ってきてる筈が無い。
モッチーカーをチャーターしつつラーメン屋へ。

味はまぁ普通? なんか有名らしいけど・・・ 食べ物レポーターのあの人のサインがあった(名前が出てこない・・・)

それよりもメニューがクオリティテラタカスwwwwwwww
史上最強
とか限定解除とか書いてあるの ラーメンのメニューに
ジャージー牛乳とかも売ってるし 最後のほうはポエムが載ってる

もうなにがしたいのかと

そんなこんなで、900円のラーメンを食べ終わり帰宅。

途中コンビニによって適当なお菓子を買おうと見て回ると、ユッキーの手には赤いきつね大盛り
さっき汁物食べたばっかりなのに・・・

んで9時から自分は勉強始めて、ユッキーにはFate/stay nightのプロローグをやらせる。赤いきつねを食べながら。
漢字が読めないなどのトラブルがありつつもアーチャーがでてくるあたりまでこなす。
そのあとは延々とピューと吹くジャガー を読み続けるユッキー。
勉強してたのでテレビもつけずにしーんとする中、突然笑い出し悶えるユッキー。
見てるとかわいそうに思えてくるほど。
それを2時まで続け、自分は朝に勝負をかけることにして就寝。
流石に電気つけっぱなしでは寝れないので、台所のほうに座椅子を持っていってもらって薄暗い中読んでもらうことに。
クーラーの冷気を送るために扉は開けっ放しにしてたのですが、
「・・・クッ・・・ぁは、・・・ぐ・・・クスクス。」

怖えーのなんのってwww

結局3時まで読んでたようで・・・

で、朝5時に目覚まし通り起床。ユッキーはご臨終ご就寝中。
そんな中黙々と教科書を解く。

8時半に寝たままのユッキーを残し、学校へ。
まぁテストはなんとかこなすことが出来ました。
10時頃に終わり、いい加減起きてるだろうと電話してみると寝起きのご様子。
適当にサンドイッチなんかを生協で買い、朝ごはんとして餌付けする。

満足したのかお昼ごろには実家に帰っていきました。

夏休みに入れば、ユッキー然り地元の友人達が帰郷してくるので、また集まって遊びたいですー。
posted by ひで at 16:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする